読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでも分かる、現代のIT学び場

一匹のサルがIT業界の技術、トレンド、ニュース、闇を日々追いかけていくブログです。

SIerって、どんな企業のこと?

記念すべき第1回は“SIer”について。

IT業界で、よく耳にする“SIer(エスアイアー)”という言葉。

何となく分かるような、分からないような。

 

SIer”とはSystem Integrationの頭文字に、

「~する人」の意味を指す“er”をつけた造語です……って、

まず英語が分からないし、“いんてぐれーしょん”ってナニ!?

 

そんなのサルじゃ分からない!

 

というわけで、ここではもっと簡単に

「発注企業(=お客様)のITシステムを開発する会社」と覚えてください。

 

ITシステムというしくみを作って、

働きやすくしたり、売上UPに貢献したりすることが、SIerのお仕事です。

 

でも、このSIer

ITシステムをまるっとすべて開発する会社から

一部分だけを開発する会社まで、実にさまざま。

 

また、日本IBM富士通NECNTTデータのような大手SIerは、

システムの企画だけをやって、

実際の開発は別の中小SIerに任せる、なんてことも。

 

そのため、SIerと一口に言っても、やっていることは千差万別。

「どんな業界・システムに強みがあるの?」

「関われる開発業務の範囲は?」など、

その会社の特性を理解しないと、同じSIerなのに、ぜんぜん違う……

ということになりかねません。

 

ですが、どのSIer

「発注企業(=お客様)のITシステムを開発する」ことは変わらないので、

まず、このイメージを持ってもらえれば大丈夫ではないでしょうか。

 

(H.U.)