読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでも分かる、現代のIT学び場

一匹のサルがIT業界の技術、トレンド、ニュース、闇を日々追いかけていくブログです。

ITエンジニアは会話が苦手!?

お世話になります。

T.Sです。

仕事柄、ITエンジニアの方へインタビューする機会が多いので、

その辺のお話しを一つ。

 

ITエンジニアというと、“無口で黙々とパソコンに向かう”。

というイメージがあると思います。

これって、ドラマや映画などのメディアが、

作り上げたイメージが多分にあると思っています。

 

「今回の物語の主人公は根暗にしたい!」。

だったら、職業はITエンジニアにしよう。

“無口で黙々とパソコンに向かう”姿を撮れば、根暗じゃね!?

なんて制作側の発想から、

ドラマや映画でも、ITエンジニアは根暗なイメージで描かれていますよね。

※最近だと「逃げ恥」の星野源

 

こういったメディアでの露出が、

根暗=ITエンジニア

とう図式を作り上げていったのだと思います。

 

実は、ITエンジニアの方にインタビューしてみると、

明るくて、話しやすい人が多い。

なんでだろ~♪ と考えていると、

この“明るくて、話しやすい人”は、ある条件を満していることに気がつきました。

その条件は、“お客さんと話をする業務を行っている”ということです。

 

つまり、ITエンジニアには

●“無口で黙々とパソコンに向かう” ITエンジニア

→プログラミング(パソコンでシステムをつくる)だけを行うITエンジニア

●“お客さんと話をする業務を行っている”

→交渉事や提案(顧客折衝)などを行うITエンジニア

の2種類のITエンジニアが存在するのです。

 

つまり、映画やドラマで描かれていたエンジニアは全て、

プログラミング(パソコンでシステムをつくる)だけを行うITエンジニアなのです。

 

交渉事や提案(顧客折衝)などを行うITエンジニアの方は、

仕事柄、ITに詳しくないお客さんとも会話をしているため、

難しいITの話も簡単に話してくれ、明るく、社交的な人が多くいます。

インタビューでも大変助かります。いつも感謝です。

※逆を言うと、

 プログラミング(パソコンでシステムをつくる)だけを行うITエンジニアの

 インタビューは大変ということですね。ドラマや映画のイメージ通りですから、汗

 

一口にITエンジニアと言っても、色々な人がいるんですね。

では、また。

(T.S)