読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでも分かるIT学び場

一匹のサルがIT業界の技術、トレンド、ニュース、闇を日々追いかけていくブログです。

したたかに生き抜く。

お久しぶりです。
メス猿の花子です。

f:id:itg:20170324164735g:plain

 

先週のUさんの更新から、

だいぶ間が空いちゃってすみません。

サル山の土地問題とか

メス猿同士のオス争いとかで、ゴタゴタしてました…。

 

メス猿も、いろいろ大変なの!

 

というか、そもそもメスって大変です。

 

やっぱり世の中、オスが強いじゃないですか。

我が物顔のオスのせいで、

割を喰ってるメスって多いと思う。

 

とくに「女性エンジニア」っていう人種はそうね。

 

ある統計によると、

男性エンジニアと女性エンジニアの比率は、約8:2だそう。

https://doda.jp/guide/zukan/047.html

 

f:id:itg:20170324165209p:plain

ほんと「男社会」の業界ね。

 

「女のくせにエンジニアなんて、オタクなんじゃないの?」

そんな先入観があるのも事実。

 

そんなことないのにね~。

確かに派手なタイプは少ないけれど、

みんな「ふつー」の女性たちよ。

 

男性社会に負けず、

もっと女性エンジニアには頑張ってほしい!

 

鼻息を荒くしていたところ、こんな記事を発見。

www.storm-magazine.io

 

登場しているのは、この方。

f:id:itg:20170324165517p:plain

女性のインフラエンジニアって珍しいわよね~。

すごくきれいな方だけど、

「ストレス発散方法は泣ける映画を鑑賞すること。鉄板は「ハチ公物語」。」

というところに、見えない苦労を感じさせて、ぐっとくる。

 

何より、感心したのは、この心意気。

 

インフラ系の女性エンジニアはまだまだ少数派です。

初めてのお客様に、「私がサーバ担当です」ってご挨拶すると、

びっくりされたり珍しがられたりすることが多い。

デザイナーさんとかプログラマーさんだとそうでもないのでしょうけど、

明らかに侮られているというか、

期待されていないことが伝わってくる場合もあるわけです。

だから普通に仕事をこなすだけで実力以上に評価されることも多くて、

結果的にはすごく得してます。

 

 

うんうん、これくらいの「したたかさ」があったほうが、

男社会でうまく生き残っていけるのでしょうね。

 

あたしも見習おうっと!

メス猿 花子は、これからも女性エンジニアを応援していきます。

 チャオ!!

f:id:itg:20170324164735g:plain