読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでも分かる、現代のIT学び場

一匹のサルがIT業界の技術、トレンド、ニュース、闇を日々追いかけていくブログです。

ソシャゲの行く末

f:id:itg:20170406195258p:plain


こんにちは。
久しぶりの更新となり申し訳ない。
今回は、ソーシャルゲームの行く末を考えたいと思う。

ソーシャルゲームの存在が世の中的にも認知されはじめたのは、
かの有名な「パズドラ」のヒットがきっかけになったことはいわずもがな。

かくいう吾輩も、リリース当初よりプレイしてきたが、
ここまで急成長を遂げるとは思ってもいなかった。

当時、ガンホー社が運営しているゲームはオンラインゲームが筆頭であり、
その代表作に「ラグナロク オンライン」が挙げられる。
オンラインゲーム最盛期に世界トップクラスのユーザー数を誇り、
圧倒的な飛躍を遂げた同タイトルであったが、
月額制オンラインゲームの大量生産により、その存在感は徐々に薄れていった。

ガンホー社の株価も僅か2桁の低空飛行となり、
「ワンコイン」「糞株」など言われ放題だったが、
そんな中で「たまたま」つくった「パズドラ」が口コミで広がり、
空前のヒットを飛ばした。
※山本大介プロデューサーは「パズドラ」のヒットを「たまたま」という言葉で片付けていた

これをきっかけにガンホー社の株価は4桁へと跳ね上がった。

スマホアプリの時代が到来する―。
「パズドラ」のヒットを受けたSAPは、こぞってスマホアプリの開発に勤しんだ。
当時ブルーオーシャンだったスマホアプリ業界は「ドル箱」とも言われ、
基本無料・アプリ内課金はもはや標準となった。

あれから約5年が経過した今、SAPのみならず、
かつてコンシューマーゲームを開発していた大手も次々と参入。
クオリティの高いゲームがいくつも誕生し、瞬く間にレッドオーシャン化。

各社が知恵を絞りクオリティを追及する中で、当然開発費の高騰は避けられない。
開発費が高等すれば当然多く元を取らねばならないため、
札束で殴り合う課金要素が強めのゲームが量産される。
そんな負のスパイラルに陥ってしまったのだ。

結果、現在は年間約200ものソシャゲがサービス終了をお知らせする始末。
ヒットする確率は強力なIP(版権モノ)タイトルが多くを占め、
オリジナルはリリース前からほぼ爆死が確定している。

そんな状況下で、いかにゲームをヒットさせるか。
各社が模索するも、その解が見出せるのは何年先になるのだろう。

(M.S)