サルでも分かるIT学び場

一匹のサルがIT業界の技術、トレンド、ニュース、闇を日々追いかけていくブログです。

中国のIT技術が、今かなりアツい。

こんにちは。

おサルの女王、サルバトール・モンサール侯爵夫人よ。

今宵もあなたに役立つであろう、IT情報をお伝えするわ。

サル時間と人間時間の時の刻み方は違うようで…。

あーたたちをすんごく待たせたから、

今回はかなりボリューミーに展開するわ!覚悟をし!!!!!!!!!!!!!!

 

今回のテーマは、日経コンピュータでも話題になっている、

「中国のテクノロジーが今かなりアツい」

ということについて取り上げるわ。

 ーーーーーーーーーー

 ーーーーーーーーーー

 

あーたたち、今中国のIT技術がどれだけ進んでるかご存知?

今びっくりするくらい進んでるんだから!!!

有名なのは「QR決済」。

QRコードを読み取るだけで支払いができるサービスが今普及してるのよ。

他にも、ネット保険や融資サービスが、顔認証で審査できるなど、

スマホを活用したテクノロジーサービスが今かなり流行っているの。

 

ここでは、具体的な事例を二つだけ紹介するわ。

目を見開いて、かっぽじって見なさい。あーたたち!!!(言いたいだけ)

 

無人スーパー、無人コンビニの存在

 

wedge.ismedia.jp

 

今ぐいぐい来ているのは、無人スーパーや無人コンビニの存在。

無人だから『お店に店員がいない』ってことなんだけど。

普段私たちが不快に思うレジに並ぶ煩わしさや、店側の人件費解消のため、

今中国では研究を進めてるんだと。

※現時点で、店員0の状態にするまではまだ問題が山積みらしい。

 

実際にある中国の無人スーパーを例に説明すると…、

私たちが普段、改札を通る時のように、ピッと入店。

商品につけられたQRコードを読み取って商品の詳しい情報を把握。

ルフレジまたはレジ、あるいは顔認証によるクレジットカード決済の精算も可能ー。

というのが一連の流れ。

 

アメリカのアマゾンも同様に「無人スーパー」をやっているけど、

内容はもっと違うのよね。詳しくはリンクをみてちょうだい。

 

現時点では「無人スーパー」でどこまでできるかを国をあげて競っている状態かしら。

 

ちなみに、日本だとイオンが試験的に構想を練っている状態

構想練ってるだけかよ。 

うーん。明らかに中国のほうが進んでるわよね。。。。。。

 

人の社会的な信頼度を数値化したシステム「信用スコア」の存在

wired.jp

ITの進化によって、決済やクレジット内容など

あらゆる個人データをデータベース上で、管理できるようになった中国。

そのデータを活かして「社会信用システム」を構築し、

中国国民の「信用度」を査定する取り組みが、実は14年から始まっているの。

 

「社会信用システム」って簡単に言うと、

ローンやお金を借りる時の査定と、大きく同義。

 

「信用スコア」が高いと、

優先的な医療ケアが出来たり、出国手続きが簡易化できたりする。

一方で「信用スコア」が低いと、

企業の採用が不利になったり、結婚相手の信頼も低くなるとか。

 

じゃあどうしたら「信用スコア」が下がるかって…

違法なことしたり、KPOPの追っかけで行き過ぎた行為をした場合に、

信用スコアが下がってしまうそう。

 

ひいいいいいい。こーわ!怖すぎでしょ!!!

信用スコアによって、社会的恩恵があるか、バツを受けるか決まるのよ。

無理だわ。無理無理。むりー!はいむりー!!私とか絶対むりー!(しつこい)

 

 しかし、中国だからできるというわけでもなく、

実はこの考え方は、アメリカにも広まりつつあるの。

もしかしたら日本でも広まるかもしれないのよ。

※現時点でも「スコアレンディングサービス」は始まっている。

 

こうなったら本格的に海外逃亡だわ。 

 

まとめ

本当はもっと言いたかったけど…。

(じゃあなんで日本はできないのとか‥‥ね)

長くなるから、今回は紹介までにしておくわ。

これでいかに中国が進んでいるのか、

分かっていただけたかしら。あーたたち。(デヴィ風)

2~3年後、もっと中国の勢いは加速してるでしょうね。

日本も、うかうかしてらんないわよねー。

 

あー、こんな時こそ他力本願。

だれか、もっといいサービスやシステムつくっていい世の中にしてー。

 

 あ、伯爵が帰ってきたから。

ばーい。

 

AIをサクラ開花・満開予想に活用?

f:id:itg:20180327102630j:plain

サクラの満開=8分咲きであることを最近知ったメガネザルです。

 

東京では去る3月24日(土)に満開を迎えました。
歴代3位とのことで、平年に比べると10日も早いとのこと。
3月頭の予想では、4月1日頃が満開になるはずでした。
ちょうど入社式にピタリと合うはずだったのです。

 

しかし、3月は予想を上回る温かさ。(雪の日もあったものの)
開花が進んでしまい、とうとう先日、満開になってしまいました。

 

気象機関も予想することは難しい「開花・満開予想」。
そこに、AIを活用する動きが出ています。

 

www.nikkei.com

 

果たして、AIで予想の精度は上がったのか!?

 

サクラの開花予想はなぜ難しいのか

 

予想が難しいのは、「開花予想=気温予想」だから。
ザックリ伝えると、開花は、冬からの気温の合計で計算されます。

 

しかし…1カ月、いや1週間先の天気ですら当てるのは難しいのに、
日々の気温をピタリと当てるのは至難の技。
開花がいつかを当てるのが難しい=満開の日も
いつになるか分からないワケです。

 

もし、気温予想が1カ月先まで的確なら、
誤差は数日程度に収まるとも言われています。

 

 AIの活用事例(AI・機械学習)


民間の気象機関では、AIや機械学習を下記の形で活用しています。

(一部事例を紹介)

f:id:itg:20180327101219p:plain

※1調査員は一般の人でも参加できます
※2気象庁「自動気象データ収集システム」のこと。全国1300か所で気温などを測定。

■ちなみに民間の気象機関に開花予想業務を開放したため、気象庁は2010年より予想を発表していません 

 

2社の予想は??(引用)


満開実績(東京):3月24日(土)

満開予想(2018年3月18日18時時点)

ウェザーニュース3月27日
●お天気JAPAN:3月29日

 

引用:
https://weathernews.jp/s/sakura/
http://www.otenki.jp/sp/art/sakura/?pg=11
https://www.businessinsider.jp/post-164094

 

AI活用すると予報が完璧に?

 

予報を完璧にするのは、残念ながらAIの力でもまだ難しそうです。
しかしながら、ウェザーニュースにおける10日前の予想では
数日ずれ程度の誤差となりました。
膨大なビックデータをもとに、将来精度を上げることは可能かもしれません。
ただしばらくの間は、人の目や過去データなどの組み合わせが求められるようです。

=====

おまけ1:サクラの見ごろ情報

来週にかけて気温グングン上昇!桜の開花も進む予想(ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース

 

おまけ2:サクラの満開が、8分咲きの理由

10分咲きになると、既にサクラが散り始めてしまうため。
花びらが散り始めると、本来の色あいが楽しめなくなってしまいます。
そのため、8分咲き="満開"だそうです。

f:id:itg:20180327102550j:plain

=====

引用・参考
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120413/122361/
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO27456650X20C18A2LKB000/
https://www.businessinsider.jp/post-164094
http://acestrategy.jp/kurasi/21282.html
https://news.mynavi.jp/article/20180316-601846/
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO13992090T10C17A3000000?channel=DF130120166043
https://news.yahoo.co.jp/byline/katahiraatsushi/20140124-00031941/

老後はドローン操縦士になって、楽しい農園ライフ。

最近、老後について考えるいい歳の雌ざるです。

 

前回、プロゲーマー…という記事を書かせて貰いましたが、
あれから現実的に考えたんです。
いつまでもゲーム好きってだけじゃいられない。

 

これから先、生きていくために、

地に足がついた仕事を考えなければ。

 


そう。
例えば、農家とか。

 


田舎出身の私。
実家は広大な農地だけは有しています。
いざとなったら、畑を耕して作物を売って生活していけばいい…
なんて考えてはみたものの。

 

農家が抱える苦労は並大抵のものじゃない。
草むしりだって面倒だし、
害虫も駆除しないとやられちゃうし、
そもそも収穫だって一苦労…。


あぁ、農家無理かも…。


と、変に妄想が膨らんだところで。
一つの記事を見つけたんです。


“スマート農業で農家の未来を救う”


はて、スマート農業


スマート農業とは、
ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、
超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業のことを言うんだそうです。


例えば、ハウス栽培における温度や湿度を自動調整をしてくれるシステム。
雑草が伸びてきたのを自動で感知し、刈り取りを行うロボット。


そんなところにもITが!
これを取り入れれば、私でも農業ができるかも。


さらに、ドローンで農業地を飛び回って害虫を発見し、
ピンポイントで害虫駆除!(無農薬に近い作物の栽培ができる!)
という技術も出てきているんだとか。
なんてスマート。


決めました。私の未来はドローン操縦士

(なんか操作とか操縦とかゲームぽくて好きだし。)


ドローンで農地を飛び周り、美味しい農作物を高値で売ることとします。
優雅な老後、過ごせそうじゃないですか。

 


…冗談はさておき。
IT技術の進歩によって農家の人手不足諸々解消され、
もっと楽に仕事ができるようになったら、
それってとても素敵なことだと思います。

そのサイクルっ・・・!!圧倒的っ・・・!!

2017年7月。

Adobe社は、「Flash」の開発および提供を2020年に終了すると発表した。

Flashは、その脆弱性ゆえにハッカーの標的にされてきたこともあり、

Webの世界では推奨されなくなってきた経緯がある。

 

各社がHTML5WebGL、WebAssemblyへ移行を検討することで、

2014年に約80%あったシェアも、近年は20%以下になっているのだとか。

 

これにより、世の中のWebは、より堅牢かつ軽量になり、

誰もがハッピー!になるはずなのだが、

その現状に悩まされている一部の業界がある。

 

それは、Flashを未だにフル活用しているブラウザゲーム業界だ。

たとえば、DMMが提供する「艦隊これくしょん」は、その代表格と言える。

同社は、Flashの終了に対し、「現在、社内で対応内容を協議中」とのことで、

まだ方針が定まっていない。

 

2013年の、まさにFlash全盛期にサービス開始した同ゲームだが、

よくよく考えるとまだ5年も経っていない。

 

僅か5年で技術がオワコンになるこの業界のスピード感は異常だ。

今後もたくさんの技術が出ては消え、出ては消えを繰り返すだろう。

必死にActionScriptを勉強してきたこちらの身にもなってほしい。

(プンプン!!!)

 

f:id:itg:20180305114340p:plain 

M.S

「キャリアアップ」のテーマは吉か凶か

こんにちは、KKだよ。

ITの世界に片足をひたしはじめて、もうすぐ11カ月。

キーワード1つ調べるだけでいまだに足すくわれまくり。

ITの用語って、お猿にとっては呪文みたいで苦手なんだもの。

呪文はかむからね。

 

エンジニアにとっての「成長」は色々なんだな

 

キーワードと言えば、

エンジニア経験者向けの求人でたまに見かける

「30代でもまだ若い」の言葉。

技術職なんだし、続ければ続けるほど熟練するはずだから

個人的にはとても好意的な表現だよ。

 

でも、同じことを黙々と続けるだけじゃ評価されなくなっている。

「なりたいものを目指す、極める」だけじゃ成長と取られないみたい。

「プロ」になったとしても、運用とか保守レベルだとお給料が上がらないお国らしいや!

 

どんどん「新しいこと」とか「何でもできるようになる」なんて言葉が

「成長」の代表格になっている気がする。

実際のところエンジニアにとっての「成長」ってなんだろう。

 

「プロ」って別に専門家って意味だけじゃない

 

『エンジニアが生涯「プロ」として生きる道 30代までに考えておくべき“条件”は? - ITmedia NEWS(2018年02月22日~3月21日公開)』

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/22/news004.html

 

ここで触れているように、エンジニアが

将来のキャリアを考える上でできていると良いとされるのが

「お客のニーズに正しくアプローチできる」人になること。

そのために、求められるものをつくるだけじゃなくて、

つくってほしいものを知る必要があるし、

知るために知識を蓄えたり、相手に発信する力を身につける必要がある。

「特定の技術に突出する」にしても、使う人のニーズを知らないと

広がらないし生き残らない世界。

知りたいって気持ちを持つことが大事ってことかしらん。

 

そのためにも、エンジニアにとって「学ぶ」を

くせづけできる環境になると良いんだろうなあ。

 

『社員の能力が伸びない会社に欠けている視点 「学習する組織」を作るにはどうしたらいいか | 会社を変える人材開発の極意 - 東洋経済オンライン(2018年02月19日公開)』

http://toyokeizai.net/articles/-/209205

 

 

これからの街のARき方

皆さん、はじめまして!

サルパティーンです。

 

ダークなサル山から移住してきて早3カ月半。

少しでも素敵なサルになれるよう、日々精進の毎日です!

 

そんなパティですが、実はいろいろと歩き回るのが趣味でして、

お休みの日には、都内をうろうろしたりしています。

大通りから一本外れた知らない道や、

歩きでしか行けないような細い小道を見つけると、

思わずワクワクしてしまいます!

 

この趣味を始めた頃は、デカ字マップを片手に、

四苦八苦しながら歩き回ったものでしたが、

最近は地図アプリの進化もあり、見知らぬ場所でもスマホさえあれば、

自分がどこにいるのか、一発で分かるようになりました。

 

そんな地図アプリのさらなる未来を感じさせるサービスが、

こっそり日本に上陸していたのをご存知でしょうか?

 

そのアプリがこの「AR City」

気持ちが良いくらいにAR推しですね。

 

https://wired.jp/2017/11/26/blippar-ar-navigation/

※少々記事が古めです…。 

 

このアプリのすごいところはスマートフォン上のカメラを通して、

実際の風景の上に、目的地までの道順が表示されること。

今、見ている風景の上に行き先が出ているので、

どんなに方向音痴でも目的地まで迷わず到着!

 

また、カメラに写っている施設やレストランなど、

街の様々な情報が画面上の風景に重ねて表示されるので、

隠れた名店なんかも歩きながら見つけられちゃいます!

 

現在はまだ、東京や大阪、京都、横浜、札幌などの大都市圏でのみ対応中とのこと。

ですが今後、いろんな観光地に普及していくと、

観光マップ片手に街歩き、なんて姿も減っていったりするのかな、なんて思いました!

 

 

そういえば、少し前に人間界ではパルパティーンなる者が爆誕したそうですが、

とんと噂を聞きませんね。暗黒面にでも落ちたんでしょうか。

 

まぁ、おサルのパティには関係ないですが。

 

それでは、また!

AIは、愛を救う。

君よ知るや、まっちんぐあぷり。

 

こんにちは、花子です。

 

突然ですが、みなさん「マッチングアプリ」って使ったことありますか?

 

ネットを介して意中の相手と出会えるツールですね。

 

ひと昔前は、「出会い系」なんて怪しい呼び方をしていましたが、

「Tinder」などのメジャーアプリが若者に浸透し、

今では、だいぶカジュアルな存在になりつつあります。

 

とはいえ、まだまだこういうツールに眉をひそめる人が多いのも事実です。

 かくいう私が、そうでした。

 

「怖い」っていうより、「ドラマがない!」と思ってたんです。

 ほら、私って昭和生まれのメスでしょう?

 

豪華客船の甲板ですれ違ったとか。

 

「遅刻遅刻~」とパンをくわえて走ってたら、出会い頭にぶつかったとか。

 

海辺を散歩してたら、砂浜に打ち上げられてたとか。

 

そういう運命的な出会いに憧れるわけですよ。

 

だから、指を右左にちょいちょいと動かしただけで

生まれるようなお手軽な“出会い”にゃ、

こっちの食指は、これっぽっちも動かされなかったのです。

 

でも人間、開き直ってしまえば、早いですね。

 今じゃ、高速で指を右左に動かしてます。

食指動かされまくり~。

 

だって、出会いのチャンスが桁違いに増えるんだもん。

 「ドラマ性の不足」という欠点を補って余りある便利さ。

 

だいたい、見方を変えれば、

ネットという膨大な“情報の海”のなかで、偶然出会った二人。

ある種ドーバー海峡横断」みたいなドラマを感じないわけでもない。

 

かくして、私は「マッチングアプリ」のユーザーになったのでした。

 

 AIが、欲望を丸裸に。

 

閑話休題

   

こうしたサービスを利用するうえで一番重要なのは、

自分が求めている相手が、きちんと見つかるかどうかですよね。

 いわば、精度

 

最近、この精度を大きく飛躍させている技術があります。

 それが「AI」です。

  

有名なPairs(ペアーズ)も、

機械学習の技術を活用しているそうです。

 

hrnabi.com

 

登録情報や喫煙の有無や居住地の近さ、

さらにはログイン時間(!)などから生活スタイルを割出し、

相性のいいユーザーをレコメンドしてくれるという、

なんとまあ画期的な仕組み。

  

何より、上の記事を読んでいて私が一番心に残ったのは、

Pairsのプロダクト責任者のコメント。

 

「ユーザー同士が世の中の一般的な価値観に縛られずに、

自分の求めるお相手とめぐり会えること自体が大切なのです。」

 

… ああ、昔の私に聞かせてあげたい。

 

AIの精度が、今後どんどん進歩することは間違いありません。

 

建前では拒否しているけれど、本音では欲している…。

そんな奥底の欲望すら、丸裸にしてくるでしょう。

 

「あんた、本当はこんなん好きやろ?」と。

 

それってちょっと怖くもありますが、

せせこましい常識や価値観で自らをがんじがらめにしている人間を、

「もっと素直になれよ」と解放してくれる存在…、

ともいえるかもしれませんね。

 

不倫だのなんだと、世間様は騒がしいようですが、

他人の欲望にとやかく口を出す前に、

AIから教えてもらうべきことが、まだまだありそうです。